ヒットエンドランは浜商野球部を応援する人のためのサイトです

秋に続き、静岡に苦杯

7/23(火) 選手権静岡大会 3回戦 静岡7-0浜松商(7回コールド)

浜松
浜松商    
静岡    

(7回コールド)
(浜)湖東、瀬戸口―山崎
(静)松下―小岩
本塁打―片平(静)
三塁打―城(静)
二塁打―小岩(静)、藤本(浜)
浜商先発湖東は3回二死から神谷、斎藤來の連打と小岩の死球で満塁とされると、
関宮に押し出し四球を与え先制点を許す。続く城にも走者一掃の三塁打を浴び、この回4点を失う。
その後も静岡・片平の本塁打や斉藤來の犠飛などで加点される苦しい展開。
浜商は5回には皆戸中、山崎、代打・近藤の安打、6回にも藤本の二塁打、福井の四球などで好機を作るが
併殺などもあり無得点に終わる。7点のビハインドで迎えた7回には2死から
川口、山本陸の連打で最後の粘りを見せるが、静岡・松下の球威は衰えず無念のコールド負けを喫した。


この記事にコメントする

ページトップへ
Copyright © 2019 浜松商硬式野球部応援サイト ヒットエンドラン All Rights Reserved.