ヒットエンドランは浜商野球部を応援する人のためのサイトです

先制されるも7回コールド勝ち

8/11(日) 秋季西部地区大会 1回戦 浜松商15-6浜松日体(7回コールド)

浜松
浜松日体    
浜松商     15

(7回コールド)
(日)白柳、宮下、田中―水谷
(商)柴田、太田、細田―高須
三塁打―加藤優(商)
二塁打―鈴木颯(日)
相手守備陣のミスにも助けられ、浜商が10安打15得点でコールド勝ちした。
初回、3点を先制された浜商は、その裏、二死から増谷、山本の連打で好機を作り、敵失と加藤優の適時打で2点を返す。2回には相手守備陣の乱れで同点としたあと、増谷の左前適時打で逆転する。
その後も加藤優の2点適時打や、鈴木涼の押し出し四球や敵失などで得点を重ね、一挙9点を奪い、試合を決めた。
浜商は先発・柴田投手、2番手に登板の太田投手がそれぞれ3失点するなど投手陣に課題を残したがまずは新チーム1勝を挙げた。


この記事にコメントする

ページトップへ
Copyright © 2019 浜松商硬式野球部応援サイト ヒットエンドラン All Rights Reserved.