ヒットエンドランは浜商野球部を応援する人のためのサイトです

終盤、鮮やか逆転劇

9/15(日) 秋季静岡県大会 2回戦 浜松商7-5知徳

愛鷹
浜松商
知徳
(知)葉桐―太田
(浜)石津、太田―高須
本塁打―葉桐、杉崎(知)
三塁打―佐藤、高須(浜)
二塁打―佐藤(浜)
浜商は初回、金子の安打を皮切りに、佐藤の適時二塁打、増谷の適時打で2点を奪い先制した。 知徳はその裏、井深の適時二塁打とエース葉桐の2点本塁打で逆転すると、 2回にも杉崎の2点本塁打でリードを拡げる。すると浜商は早くも3回から太田投手に交代。 太田投手は先頭に安打を許し、さらに続く葉桐選手のあわやライトオーバーという当たりをライトにまわった石津選手が好捕。 この回をゼロに抑えた太田投手は4回以降、知徳打線を無安打に抑える好投で、味方の反撃を待つ。 浜商は5回に佐藤の三塁打を足掛かりに1点を返すと、さらに7回、鈴木涼の内野安打、佐藤のラッキーな内野安打などでチャンスを拡げ、 山本の中前適時打と増谷の二塁ゴロの間についに同点とする。 さらに黒田が振り逃げで出塁ののち、高須がライトへ勝ち越しの適時三塁打を放ち、一挙に逆転に成功した。 太田投手が味方の堅守にも助けられ、その後の知徳の反撃を断ち、見事にベスト8入りを決めた。

この記事にコメントする

ページトップへ
Copyright © 2019 浜松商硬式野球部応援サイト ヒットエンドラン All Rights Reserved.