ヒットエンドランは浜商野球部を応援する人のためのサイトです

雨中の打撃戦、力尽きる

第98回全国高校野球選手権静岡大会 準決勝 (7/26 草薙球場第2試合)

準決勝
袋井 14
浜松商 10

(袋)稲垣、杉山-新藤
(浜)大橋、鈴木隼、大橋、宮本-尾浜
▽三塁打 大橋、鈴木隼、加藤、長谷(浜)
▽二塁打 園田、鈴木貫、大橋、新藤(袋)、半田、鈴木隼、尾浜、大塚(浜)
浜商は初回、満塁から大橋の3点適時三塁打で先制するが、4回に押し出しの四球と2本の適時打で同点とされると、大橋投手から鈴木隼投手に交代。鈴木投手も変わり端に押し出しの死球を与えてしまい逆転されると、さらに満塁走者一掃の二塁打を打たれ、一挙7失点。浜商はその裏、反撃し尾浜の適時二塁打などで一挙に同点に追いついたが、袋井の勢いは止まらず6回に3点、7回にも4点を奪われてしまう。浜商も必死に粘りを見せ、その裏に3点を返して食い下がるが、8回から稲垣投手をリリーフした杉山投手の前に追撃をかわされた。浜商は惜しくも敗れ、14年ぶりの決勝進出、16年ぶりの夏の甲子園出場はならなかったものの、伝統の浜商野球復活を予感させるベスト4進出となった。

この記事にコメントする

ページトップへ
Copyright © 2018 浜松商硬式野球部応援サイト ヒットエンドラン All Rights Reserved.